難 問

難 問

ここに輪になった数珠(じゅず)がある。
それぞれの(たま)は、1から始まる自然数のどれか一つを意味する。

もし3個の珠による数珠なら[-1-2-4-]という配置で、つながる珠の組み合わせにより
[1][2][1+2][4][1+4][2+4][1+2+4]という具合に、1~7までの数が表せる。
もし4個の数珠なら[-1-2-6-4-]で、同様に1~13までの数が表せる。

こういう具合に、つながった珠の組み合わせによる
1から順番に最大数まで示せる数珠の配置を考えたい。

なお、5個の場合は1~21、6個の場合は1~31である。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tome館長

Author:Tome館長

トメ(♂) 
絵、動画、曲、読み物を制作。

絵は独学。
手描き専門。

作者表示と非営利にて
自作の無断利用を許可。

2011年3月28日より開館。




カテゴリ
アルバム
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
Tome洋装店

QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示